NPO法人ミニシティ・プラス

オフィス会員

事業内容

ミニシティ・プラスは「まちはそこに暮らす人、かかわる人たちで創り上げていく」という理念から、特に未来を担うこどもたちに対して3つの事業を行っています。

ミニヨコハマシティ
19歳以下のこどもたちが、おとなの決めた社会のルールや既成概念にとらわれない自由な発想で仮想のまちをつくり、体験するプログラム
つづきジュニア編集局
公募の小学4年~高校生までが自分の地域を取材して新聞作りやユーストリーム放送局を行うプログラム。東京都市大学と協働で行っている。
特命子ども地域アクター
主に中高生が、特命で大人のまちづくりの現場へ行き、企画から活動に参画し大人と協働で実行するプログラム。神奈川県との協働事業で行っている。
 

名前

NPO法人ミニシティ・プラス

代表

三輪 律江 (横浜市立大学准教授)

会員数

15名

HP

連絡先